魅力満載のご当地グルメ

注目され続ける「ご当地グルメ」

少し前であれば、各種メディアをはじめ「グルメ」に関する企画を構成するだけでいろいろな立場の人から少なからぬ注目を集めることができた時代も確かにありましたが、しかし近年では単に「グルメ」だけではそう簡単に人々の注目を集めることができなくなってしまいました。

 

それというのも、インターネットが当たり前に普及している現代において、「グルメ」と名打ったところで余りにも抽象的にすぎてしまうため、人々がほしい情報としてはいささか具体性に欠けてしまうような時代になってきてしまったからです。
しかし、誰だっておいしいものは食べたいし、食べたらそのことを自慢したい気持ちにもなるものです。
そこで、より希少性の高い「ご当地グルメ」という発想に至ったものと思われます。

 

特に、数ある「ご当地グルメ」の中でも草分け的存在として長きにわたって注目を集めているの「名古屋メシ」などは、地元に古くから伝わる食文化に新たなブランドイメージを持たせることに成功したよい例でしょう。

 

もちろん「名古屋メシ」に限ったところではありませんが、いずれにしても「ご当地グルメ」は、「その地方にいなければ食べることができない」という趣旨の希少性が評判に評判を呼ぶことになったのだと考えられます。
そして、ご当地グルメの人気をさらに高めたとも言えるのが、「B級グルメ」でしょう。

 

「B級グルメ」は、今でこそそれ単体で人々の注目を集めるに至っていますが、しかしやはりこれも「ご当地グルメ」の派生形であることは明らかです。

 

次から次へといろいろ形を変えながら、ご当地グルメは進化しています。

まずは定番の「名古屋メシ」

名古屋、あるいはその近隣地域で生み出されたメニューや食材、あるいは調味料なども含めて「名古屋メシ」と呼ぶ傾向があります。
とはいえ、「名古屋メシ」と言っても、そのメニューはあまりにも豊富であり、そしてメニューのみならず、ジャンルも非常に多岐にわたっているため、「名古屋メシ」を具体的に分類することは少々難しいと言わなければなりません。
それに、そもそも「名古屋メシ」自体に明確な定義があるわけではないので、そうしたカテゴライズなどは基本的には不要と考えるべきでしょう。

 

ですから、ここではご当地グルメの代表格である「名古屋メシ」について、思いつくままにカテゴライズして、かいつまんでご紹介することにしましょう。

 

たとえば名古屋と言えば「八丁味噌」があまりにも有名ですね。
これはもうすでに全国展開をとっくの昔に果たしている高級食材と言えるでしょう。
そしてこの八丁味噌があるからこそ名古屋メシとして代表格と評されるようになったのが、「味噌煮込みうどん」や「味噌カツ」です。
そして、「味噌煮込みうどん」だけでなく、とにかく名古屋メシは麺類が好まれる傾向があります。

 

たとえば、「ベトコンラーメン」や「台湾ラーメン」さらには地元企業の想いが詰まった「スガキヤラーメン」などはその代表ですし、マヨネーズを使った「冷やし中華」というのも名古屋メシではやや異彩を放つ存在です。

 

ほかにも「きしめん」はすでに全国区でしょうし、スパゲティー各種も名古屋メシの中でこよなく愛されています。
そして、名古屋の喫茶店文化が生んだ「小倉トースト」は、全国各地で「食べたい!」という声が聞かれるレアなメニューです。

更新履歴


このページの先頭へ戻る